2009/12/30

Tablette de chocolat(Caraque d'Or)

トゥールーズの近くの "Caraque d'Or"(カラク・ドール)の紹介がまだでしたね。
ブシェタイプの大きなチョコレートを仕入れていて、そちらのファンがフランス人の中には多いのですが、それはまた別の機会に紹介することにして、今回は
タブレット上のもの!

1993年にMarc Vellutが始めたお店。
彼はその前にも別のお店を持っていたそうですが、娘の婿が財産狙いで彼女と結婚したことが気に食わず、お店を売って、その後しばらくスポーツにはまっていたとのこと。その後、娘は離婚。

そんな彼、14歳から始めたチョコレートの道、そんな簡単には忘れられなかった様子。名前を変えて、娘の名義で新しく再出発したのが今のお店です。

紹介するゴツゴツしたチョコレートは、ヘーゼルナッツとfeuilletineというサクサク
したゴーフレットを薄くして、砕いたようなものが入っています。
ダークとミルクの2種類のチョコレートがありますが、なぜかこれはミルクの方がよく売れます。

このチョコレートのファンにはアメリの監督ジャン=ピエール・ジュネ氏。
奥様が監督用にと、時々買いにいらっしゃいます。

個包装される前に、ショーケースなどに入っている時は、グラム売りですので、お好みの大きさに割ってお売り出来ますので、お気軽にお声を掛けて下さい。